SLCスクリプトファイルの設定

コンフィグエディタScript for SL Paletteメニューでは、シミュレーションの実行に関する、SLCスクリプトファイルの設定を行います。
コンフィグエディタ回路エディタの設定アイコンから開きます。


SLCスクリプトの登録

SLCスクリプトファイルをシミュレーション実行で利用するには、コンフィグエディタScript for SL Paletteメニューにて、 保存済みのSLCスクリプトファイルを登録する必要があります。
SLCスクリプトファイルの登録はScript項目のボタンをクリックして、フォルダブラウザから任意のファイルを選択します。

fig

Info

SLCスクリプトファイルはサイディームの回路ファイル一つにつき、一つのみとなります。
スクリプトのように複数作成することはできませんのでご注意ください。


設定項目

fig

項目 内容
Script SLCスクリプトファイルのアドレスが表示されます。
ボタンをクリックしてブラウザからファイルを選択するか、ファイルのパスを直接入力します。
Enable SLCスクリプトファイルの有効/無効を切り替えます。使用する際はチェックボックスをチェックして有効にします。
Frequency Simulinkと協調シミュレーションを行うための制御周波数を設定します。
Main frequencyはメイン周波数を設定します。

Pathの設定について

スクリプトのPathは新規登録時にブラウザから選択したファイルの絶対パスが設定されます。
登録済みのPathを変更したい場合は、手入力でパスを設定します。

パスの設定はスクリプトを設定する回路ファイルを基準とする、相対パスを記述することもできます。

Example

回路ファイル(*.scicir)とSLCスクリプトファイル(*.scislc)が図の階層の場合、../script/NewScript.scislc のように指定することができます。
fig

周波数の設定について

Simulinkと協調シミュレーションを行うためには Rate Transitionブロックの実行周期を回路モデルに設定する必要があります。

fig