トリガ[Trigger]

Location : Comparator/Trigger

外形

Trigger1


説明

トリガ[Trigger]は入力電圧により、 メイン周期を任意のタイミングで更新する素子です。

トリガ[Trigger]メイン周期の開始時では必ずオフ状態となっています。
メイン周期から Trigger Time までに入力差電圧が負から正に変化した時、トリガ[Trigger]がオン状態になります。
トリガ[Trigger]がオン状態になると、設定されている メイン周期とは無関係に メイン周期が更新され、次の メイン周期へ移行します。

ただし メイン周期5%内の時間は不感帯となっており、トリガ[Trigger]はオンになりません。

また Trigger Timeまでトリガがオンにならない場合は Trigger Timeメイン周期が更新されます。
したがって メイン周期Trigger Timeということになります。

Activeのチェックを外すことで トリガ[Trigger]を常にオフ状態とすることができます。

Info

トリガ[Trigger]は1個のみ使用可能です。
2個以上使用した場合の回路動作は不定です。

Info

トリガ[Trigger]`サブ周期を更新することはできません。
Triggerを使用した回路で、固定周期でPWMスイッチやパルス発生器、スクリプトを動作させたい場合には、これらをサブ周期に設定します。

トリガ[Trigger]を使用した回路についてはサンプル回路:力率改善回路を参考にしてください。


スペック

パラメーター 内容 パラメーター名
Trigger Time トリガ時間 Tmax

出力変数

パラメーター 内容 Output引数
Input Volutage 入力差電圧 シンボル名.Vi