PWMスイッチ[PWM Switch]

Location : Switch/PWM Switch

外形

fig


説明

PWMスイッチ[PWM Switch]はパルス発生器とスイッチを合成した素子です。 ソース(S)、ドレイン(D)の二端子があります。

PWMスイッチ[PWM Switch]は理想のスイッチとなっているため、寄生容量、ボディダイオードは含まれていません。
寄生容量CとボディダイオードDを含む回路を使用する場合は下図のような回路を作成してください。
PWM Switch8

PWMスイッチ[PWM Switch]の動作周期はメイン周波数またはサブ周波数で決定されます。

PWMスイッチ[PWM Switch]は各動作周期において、初期状態から始まり、状態変化時刻で設定された時刻でオン・オフの状態変化を生じます。
オン状態ではオン抵抗、オフ状態ではオフ抵抗となります。

たとえば、下図のような、初期状態がOFF、時比率0.1ON、時比率0.5OFFにしたいときは次のように設定します。

Example

発生させたいパルス fig

設定方法
fig

モード[Mode]比率の場合は、状態変化する時刻を動作周期で割った比率を入力し、モード[Mode]時間の場合は、時刻そのものを入力します。

Warning

状態変化時刻は単調増加でなければなりません。
同じ値を複数記入することはできません。
このような場合には設定を完了することができません。

fig


スペック

パラメーター 内容 パラメーター名
On Resistance オン抵抗 Ron
Off Resistance オフ抵抗 Roff
Initial State 初期状態 -
Transitions 状態変化時刻 Tx(x=0,1...)

出力変数

パラメーター 内容 Output引数
Voltage 電圧 シンボル名.R
Current 電流 シンボル名.R