回路エディター

fig

回路エディターの起動

回路エディターはファイルメニューの新規作成からサーキットを選択するか、保存済みの回路モデルファイルを開くことで起動します。


回路エディターのグリッド線

回路エディターのグリッド線の表示/非表示は 回路エディタのアイコンから
またはタイトルバー内の 詳細設定から 環境設定を選択して行います。

fig


ツールバーの機能一覧

回路モデルの編集に関する機能

fig

No. 項目名 説明
1 元に戻す/やり直す 元に戻す回路エディター内での操作を取り消します。最大100回まで操作を取り消すことができます。また 元に戻すボタンの右にある矢印から、ある地点までの操作を一度に取り消すことができます。やり直すは直前の 元に戻すを取り消すことができます。
2 ズームイン/ズームアウト 回路エディター全体のズームイン/ズームアウトを行うことができます。中央には現在の倍率が表示されます。
3 スケールを戻す 回路エディターの倍率を100%にします。
4 全体表示 回路エディターのサイズに合わせて回路の倍率を自動で調整します
5 グリッド線を表示する/非表示にする 回路エディターのグリッド線を表示/非表示にします。
6 CVTファイルをエクスポートする 現在、編集中の回路の構成情報をCVT形式ファイル(.cvt2)で出力します。

シミュレーションの実行に関する機能

fig

No. 項目名 説明
1 コンフィグエディタの表示 編集中の回路モデルのシミュレーション条件を設定する画面が開きます。詳細はコンフィグエディタを参照してください。
2 出力変数設定画面の表示 編集中の回路の出力変数の設定画面を開きます。詳細は出力変数を参照してください。
3 シミュレーションモードの選択 シミュレーションモードを Transient:過渡応答解析または Waveform:波形解析FRA:周波数特性解析Sweep:スイープ解析から選択します。プルダウンをクリックして選択します。
4 シミュレーションの実行 シミュレーションの実行ボタンです。
プルダウンをクリックするとシミュレーションの設定パネルが開きます。
5 シミュレーションの停止 シミュレーションの停止ボタンです。

シミュレーションの設定パネル

主なシミュレーションプロファイルの設定は、コンフィグウィンドウを開くことなく変更することができます。設定できる項目はシミュレーションモードの選択により異なります。

Transient:過渡応答解析

fig

Waveform:波形解析

fig

FRA:周波数特性解析

fig

Sweep:スイープ解析

fig

設定項目の内容については、シミュレーションプロファイルを参照してください。


素子の配置とパラメータの変更

素子の配置とパラメータの変更は以下の手順で行います。

  1. パレットウィンドウから使用する素子を選択して 回路エディタにドラッグ&ドロップします。
  2. 素子をドラッグして配置し、接点をドラッグして接続します。
  3. 素子のパラメータを変更する場合は素子を選択して インスペクターウィンドウで変更します。

Note

パレットウインドウインスペクターウインドウが表示されていない場合は、ファイルメニューの表示からツールウインドウを表示することができます。


素子メニュー

素子メニューは素子を選択し、右クリックで表示します。

fig

機能 内容
切り取り 選択されている素子を切り取ります。
デフォルト設定では Ctrl + Xがショートカットキーとして登録されています。
コピー 選択されている素子をクリップボードにコピーします。
デフォルト設定では Ctrl + Cがショートカットキーとして登録されています。
貼り付け クリップボードにコピーされている素子を貼り付けます。
デフォルト設定では Ctrl + Vがショートカットキーとして登録されています。
接続線[Wire]は貼り付けられませんのでご注意ください。
削除 選択されている素子を削除します。
デフォルト設定では Delがショートカットキーとして登録されています。
Symbol シンボル名の表示・非表示を切り替えることができます。
Symbol スペックの表示・非表示を切り替えることができます。
時計回りに回転 選択されている素子を右に90°回転させます。
デフォルト設定では Ctrl + Rがショートカットキーとして登録されています。
反時計回りに回転 選択されている素子を左に90°回転させます。
デフォルト設定では Ctrl + Shift + Rがショートカットキーとして登録されています。
垂直反転 選択されている素子を垂直方向を軸として反転させます。
デフォルト設定では Ctrl + Iがショートカットキーとして登録されています。
水平反転 選択されている素子を平行方向を軸として反転させます。
デフォルト設定では Ctrl + Shift + Iがショートカットキーとして登録されています。
プロパティ 素子のプロパティ設定を行う インスペクターウィンドウを開きます。