エクスポート

エスチャートでは他のツール、ファイル形式へのエクスポートが可能です。
※エクスポートした場合、系列の色や線の太さなどエスチャート固有の情報は保存されません。

Info

現在エクスポート可能な形式はCSVファイルのみです。
スプレッドシートのエクスポート機能は、今後のアップデートで随時追加を予定しております。


CSVファイルのエクスポート

CSVファイルのエクスポート画面は、ツールバーの fig3 > Export CSV…の順にクリックして開きます。

fig3

CSVファイルのエクスポート画面

fig1

名称 機能
ファイル エクスポートするファイルを選択します。
参照... ファイル参照ダイアログを開きます。
新規保存は保存先フォルダを参照し、ファイル名は入力してください。
上書き保存を行う場合は、既存のファイルを参照してください。
エンコード エクスポートするファイルのエンコードを選択できます。
全ての範囲のデータをエクスポート すべての時間軸データをエクスポートします。
下方のテキストボックスにその範囲が表示されます。
表示範囲内のデータをエクスポート 現在表示されている範囲の時間軸データをエクスポートします。
下方のテキストボックスにその範囲が表示されます。
レンジカーソル内のデータをエクスポート レンジカーソル の範囲内の時間軸データをエクスポートします。
下方のテキストボックスにその範囲が表示されます。
指定範囲のデータをエクスポート テキストボックスに範囲を入力し、その範囲内の時間軸データをエクスポートします。