キャパシタ[Capacitor]

Location : RLC/Capacitor

外形

Capaciter


説明

理想キャパシタです。

キャパシタンス[Capacitance]0に設定することはできません。

電圧初期値[Initial Voltage]とは、解析開始時におけるキャパシタ電圧の値です。
特別な値がなければ、0を設定します。

等価直列抵抗[ESR]等価直列インダクタンス[ESL]0に設定すると短絡とみなされます。

等価直列インダクタンス[ESL]0の場合、その初期値は無視されます。

電流初期値[Initial Curent]とは、解析開始時における 等価直列インダクタンス[ESL]の初期電流値です。 特別な値がなければ、0を設定します。

Info

等価直列インダクタンス[ESL]は、あまり小さな正の値を設定すると、 計算時間と計算精度が悪くなるので、通常は0に設定してください。

Warning

等価直列抵抗のない キャパシタ[Capacitor]は理想的なキャパシタなので、接続方法によっては回路設計時にエラーとなることがあります。
そのような時は直列に小さな抵抗を接続するか影響のない 等価直列抵抗[ESR]を設定してください。

等価直列抵抗[ESR]等価直列インダクタンス[ESR]に数値を入力した際の等価回路は下記の図となります。 また下図のVは出力設定にて電圧を設定したい時に使用できます。

Capaciter2


スペック

パラメーター 内容 パラメータ名
Capacitance キャパシタンス Value
Initial Voltage 電圧初期値 Vini

ESRを有効にした場合

パラメーター 内容 パラメーター名
ESR 等価直列抵抗 ESR
ESL 等価直列インダクタンス ESL
Initial Current 電流初期値 Iini

出力変数

パラメーター 内容 Output引数
Voltage 電圧 シンボル名
Current 電流 シンボル名

ESRを有効にした場合

パラメーター 内容 Output引数
Voltage 電圧 シンボル名.V
Current 電流 シンボル名.I