スイープ解析

Note

回路ファイルはTOPページからダウンロードできます。


回路パラメータの選定に利用

Example

sweep_analysis/LLC.scicir

回路パラメータを決定する場合、様々なことを考慮しなければなりませんが、例えば、上図の共振コンバーターの場合、Lrのパラメータによって共振点が変わってしまいます。
Lrのパラメータを変更した場合の影響を確認してみましょう。

  1. シミュレーションモードからSweepを選択します。

  2. 実行ボタンのプルダウンをクリックして、シミュレーション設定パネルを開き、各パラメータを設定します。 この設定で、シンボル名Lrの素子の、パラメーターInductance2uから6uまで10分割して繰り返しWaveform解析した結果を表示することができます。

  3. 解析結果は出力変数に設定した系列ごとに、スイープ対象のパラメータをスイープした回数分の結果が出力されます。
    図はLrのCurrentを出力変数に設定しています。

制御応答の解析に利用

Example

sweep_analysis\AnalogPidControl.scicir

制御系の負荷応答特性を確認する場合、様々な負荷のときの応答波形を解析する必要があります。
この場合、Sweep解析を行うと便利です。
例えば、上図の降圧型コンバーターの負荷Rに対して応答特性を確認する場合は以下の様にします。

  1. シミュレーションモードからSweepを選択します。

  2. 実行ボタンのプルダウンをクリックして、シミュレーション設定パネルを開き、各パラメータを設定します。 この設定で、シンボル名Rの素子の、パラメーターResistance10から1まで5分割して繰り返し1m秒間Transient解析した結果を表示することができます。

  3. 解析結果は出力変数に設定した系列ごとに、スイープ対象のパラメータをスイープした回数分の結果が出力されます。
    図はRのVoltageを出力変数に設定しています。

参考

Scideam Help : スイープ解析