シミュレーションプロファイル

シミュレーションの解析に関するパラメータを設定します。
解析手法ごとに以下の項目を設定します。

Transient(過渡応答解析)

設定項目 説明
Time シミュレーションの時間を設定します。
単位を使用した入力も行うことができます。
Enable burst バーストモードのON/OFFを切り替えます。
詳しくはバーストモードを参照してください。

Waveform(波形解析)

設定項目 説明
Time シミュレーションの時間を設定します。
単位を使用した入力も行うことができます。
Begin Time シミュレーションの開始時間を設定します。
Enable burst バーストモードのON/OFFを切り替えます。
詳しくはバーストモードを参照してください。

FRA(周波数特性解析)

設定項目 説明
Time シミュレーションの時間を設定します。
単位を使用した入力も行うことができます。
AC Sweep selection 回路上に配置したAC Sweep素子をプルダウンリストから選択します。
From 伝達関数の入力を設定します。
To 伝達関数の出力を設定します。
Minimum Frequency 最低周波数を設定します。
Maximum Frequency 最大周波数を設定します。
最大周波数はメイン周波数の約1/4程度に設定してください。
Applied voltage 交流信号源電圧を設定します。
Phase fold 位相軸の固定の有無を設定します。

Sweep(スイープ解析)

設定項目 説明
Symbol 回路内のスイープ可能なパラメータを持つ素子シンボルがリスト表示されます。
スイープ対象とする素子を設定します。
Parameter Symbolで選択した素子のスイープ可能なパラメータがリスト表示されます。
スイープ対象とするパラメータを設定します。
Start Value スイープ解析を行うパラメータの範囲の開始値を設定します。
End Value スイープ解析を行うパラメータの範囲の終了値を設定します。
Division スイープ範囲のパラメータの分割数を設定します。
Time 解析時間を設定します。
Mode 解析手法を設定します。Transinet/Waveformから選択します。
Enable Burst バーストモードのON/OFFを切り替えます。
詳しくはバーストモードを参照してください。

バーストモード

バーストモードはONOFFで内臓のグラフツールへのシミュレーション結果の渡し方が異なります。

ON
シミュレーション結果を内部に保持しておき、シミュレーションが全て完了した後、まとめてグラフツールに渡します。 Normalよりも早くシミュレーションを完了できます。 シミュレーションを中断した場合は結果を確認することはできません。

OFF
ノーマルモードの場合は、シミュレーション結果のデータをリアルタイムでグラフツールに渡します。 シミュレーションを途中で停止した場合でも停止するまでのデータを確認することができます。