ラッチ[Latch]

Location : Comparator/Latch

外形

Latch1


説明

ラッチ[Latch]は入力トリガにより出力電圧を保持する素子です。
この素子の動作周期は メイン周波数または サブ周波数で決定されます。

ラッチ[Latch]は周期の初めでは必ずオフ状態となり、出力電圧は OFF Voltageとなります。
周期内で入力差電圧Vi(=Vi+ - Vi-)が負から正に変化した時、ラッチ[Latch]はオフ状態かたオン状態へと変化します。
この時出力電圧は ON Voltageとなります。
その後その周期内では出力電圧は ON Voltageで保持されます。

次の周期に入ると ラッチ[Latch]は自動的にオフ状態に戻ります。
入力差電圧が正から負に変化してもオフ状態からオン状態にはなりません。

ラッチ[Latch]は主にピーク電流制御を実現する際に仕様されます。
使用方法についてはサンプル回路:ピーク電流制御を参照してください。

Activeのチェックを外すことで ラッチ[Latch]を常にオフ状態とすることができます。


スペック

パラメーター 内容 パラメーター名
ON Voltage オン電圧 Von
OFF Voltage オフ電圧 Voff
Active 有効化 -

出力変数


パラメーター 内容 Output引数
Input Volutage 入力差電圧 シンボル名.Vi
Output Volutage 出力電圧 シンボル名.Vo