相互変圧器[Mutual Transformer]

Location : Transformer/Mutual Transformer

外形

parts

説明

相互変圧器[Mutual Transformer]は、各巻線間の結合係数を任意に設定することによって相互インダクタンスが表現できる変圧器です。

線が太く表現されている側が一次側となります。

相互変圧器[Mutual Transformer]スペックで巻線数を変更することができます。

巻線数を変更すると、自動で素子モデルに反映されます。

fig

相互変圧器[Mutual Transformer]の巻線は自己インダクタンス及び、結合係数による相互インダクタンスを表現できる巻線です。

Inductanceには自己インダクタンス[H]を設定します。
Initial Currentには初期電流値[A]を設定します。
等価直列抵抗を付与する場合には、チェックボックスにチェックを入れてESRに設定します。 相互インダクタンスはEditボタンからポップアップする画面で結合係数を指定することにより、全巻線一括して設定します。

極性点がある方が電圧プラス端子、極性点のない方電圧マイナス端子です。

結合係数Kij0≦Kij≦1の範囲のみ入力可能です。

結合係数の設定方法

3巻線相互変圧器の場合

fig

行・列が一致する箇所は1で固定されます。
入力する結合係数の個数はn^2個となります。

結合係数が対象の場合

結合係数が対象である場合には次のように入力してください。

結合係数Kijとすると なお、i = jは自動的に1が設定され、変更はできません。

結合係数Kijに対する相互インダクタンスMijは、LiLjを巻線i、巻線jの自己インダクタンスとすれば次のように求められます。


スペック

パラメーター 内容 パラメーター名
Inductance 相互インダクタンス シンボル名.LWn.Value
Initial Current 初期電流値 シンボル名.LWn.Value
ESR 等価直列抵抗 シンボル名.LWn.ESR

※LWは巻線を表し、nは巻線のシンボル名(1から始まる整数)を表します。

出力変数

パラメーター 内容 Output引数
Voltage 電圧 シンボル名.LWn.V
Current 電流 シンボル名.LWn.I

ESRが有効になっている巻線の場合

パラメーター 内容 Output引数
Voltage 電圧 シンボル名.LWn.V.V
Current 電流 シンボル名.LWn.I.I

出力変数は巻線数に応じて変動します。

※LWは巻線を表し、nは巻線のシンボル名(1から始まる整数)を表します。