A/Dコンバータ[A/D Converter]

Location : Sensor/ A/D Converter

外形

fig


説明

A/Dコンバータ[A/D Converter]はアナログ値をデジタル値に変換する素子です。

A/Dコンバータ[A/D Converter]の動作周期は、サンプリング値をセットするスクリプトの動作周期と同期します。

A/Dコンバータ[A/D Converter]はスクリプトの前に実行され、取得するポイントは サンプリングオフセット時間によって決まります。

サンプリングオフセット時間 = 0ではPRCの実行時の値をサンプリングします。

サンプリングオフセット時間 =T1 (0 < T1 < 動作周期)の場合、PRCの動作周期の開始点からT1だけ進んだ値をサンプリングします。

例:サンプリングオフセット時間 =T1のとき、時刻t2で実行するスクリプトは(t1+T1)時点のサンプリング値がセットされます。

fig1


スペック

パラメータ 内容 パラメーター名 説明
Script Name スクリプト名 - A/Dコンバータ[A/D Converter]の値を出力する先のスクリプトを選択します。
Sampling Offset Time サンプリングオフセット時間 Tsmpl 指定した素子の動作周期の開始点からのサンプリング時刻を定義します。単位はs[秒]です。
Gain ゲイン Gain 下記の数式で使用されるGainを設定します。
Delay スキップ周期数 Ndelay デジタル化された値をスクリプトにセットするタイミングを遅らせる周期数を意味し、値をNにすればPRC周期N周期分遅れてセットされます。
0の場合はサンプリング直後にスクリプトにセットされ、その値はスクリプト更新時に使用されます。
Resolution 分解能 Nbit 分解能(量子化を行うビット数を)指定します。
分解能が0の場合、量子化を行われずサンプリング値がそのまま出力されます。
分解能が正の値の場合は、サンプリング値を量子化最小値から量子化最大値の範囲内の値として指定した分解能で量子化します。
Minimum Input Voltage 入力電圧最小値 Vmin 量子化した時の入力電圧最小値を指定します。
入力電圧最小値以下の値が入力された場合は入力電圧最小値の値でクリップされます。
量子化しない場合には無効です。
Maximum Input Voltage 入力電圧最大値 Vmax 量子化した時の入力電圧最大値を指定します。
入力電圧最大値以上の値が入力された場合は入力電圧最大値の値でクリップされます。
量子化しない場合には無効です。

量子化がない場合のサンプリング値

ViはADC素子の端子間電圧

量子化した場合のサンプリング値

ViはADC素子の端子間電圧

A/Dコンバータ[A/D Converter]のサンプリング値は、スキップ周期数の値分遅れてスクリプトの出力プログラム変数にセットされスクリプトで使用できるようになります。ただし、スキップ周期数0の場合、サンプリング直後に反映されます。

分解能入力電圧最小値入力電圧最大値は量子化の方法を表します。
分解能0の場合、量子化を行われずサンプリング値がそのまま出力されます。このとき、入力電圧最小値入力電圧最大値は無視されます。
分解能が正の値の場合は、サンプリング値を 入力電圧最小値から 入力電圧最大値 の範囲内の値として指定した 分解能で量子化します。
範囲外の値は 入力電圧最小値または 入力電圧最大値でクリップされます。
このとき、正規化出力値もデジタル化された値と同時にスクリプトの正規化出力変数にセットされます。

スクリプト内では、A/Dコンバータ[A/D Converter]のシンボル名で変数を使用することができ、
正規化出力値(サンプリングされた値に対応する0~2^Nbit-1の値)は、シンボル名+DOで使用することができます。

Info

サンプリング時刻が0の場合、解析開始時、最初の1サイクルはサンプリングはされません。
次のサイクルから正常にサンプリングされます。


Example

以下のパラメータを設定した場合について解説します。

項目 内容
A/D Converterのシンボル名 Sym
Script Name Prog
Sampling Offset Time 2u
Gain 1
Delay 0
Resolution 12
Minimum Input Voltage 0
Maximum Input Voltage 100

スクリプトProgに対してシンボル名Symの変数を使用可能になります。
コード内では以下の様に使用します。

SampleValue = Sym;      //デジタル化された出力値の読み込み
SampleValueQ = SymDO;   //デジタル化された正規化出力値の読み込み
ここで、SampleValueは0V~100V の範囲で12 ビットでデジタル化された値となり、 SampleValueQ は0~2^12-1の値となります。


出力変数

パラメーター 内容 Output引数
Input Voltage 入力アナログ電圧 シンボル名.Vi
Sampled Voltage サンプリングデジタル化電圧 シンボル名.Vs