バイブレータ[Vibrator]

Location : Comparator/Vibrator

外形

Vibrator1


説明

バイブレータ[Vibrator] は入力トリガ電圧により、短径パルスを発生させる素子です。
この素子の動作周期は メイン周波数または サブ周波数で決定されます。

通常状態では出力電圧は OFF Voltageとなっています。
入力差電圧Vi(=Vi+ - Vi-)が負から正に変化した時にトリガされ、設定された Pulse WidthON Voltageを持つパルスを発生します。

ただし、メイン周期の開始時刻や入力差電圧が正から負に変化してもトリガされません。

バイブレータ[Vibrator]を使用した回路についてはサンプル回路:チャタリング防止回路を参考にしてください。

Info

バイブレータ[Vibrator]メイン周期をまたいでPulse Widthの設定をすることができません。
Pulse Widthメイン周期をまたいでしまうと、意図しない動作となる場合があります。
メイン周期をまたぐ動作を行いたい場合は、サブ周波数を用いて明示的に周波数を設定することで、メイン周期とは独立させることができ、メイン周期をまたいでの設定が可能です。


スペック

パラメーター 内容 パラメーター名
Pulse Width パルス幅 Ton
ON Voltage オン電圧 Von
OFF Voltage オフ電圧 Voff

出力変数


パラメーター 内容 Output引数
Input Volutage 入力電圧 シンボル名.Vi
Output Volutage 出力電圧 シンボル名.Vo