フェーズシフトフルブリッジ回路

Note

回路ファイルはTOPページからダウンロードできます。


スクリプトで時比率を指定するフェーズシフトフルブリッジ回路

Example

phase_shift_fullbridge/PhaseShiftFullBridge.scicir

Info

このサンプル回路ではスクリプトを使用します。
スクリプトを使用するサンプル回路にはオプション:DigitalPaletteが必要です。

スイッチングタイミングが複雑なフェーズシフトフルブリッジの例です。
時比率0.5, シフト量20[%], デッドバンド 1[%]に設定しています。
スイッチングは スクリプトProgで各スイッチに設定しています。

Note

define D (0.5)
define DB (0.01)
define DSHIFT (0.2)

D:時比率、DB:デッドバンド、DSHIFT:シフト量として設定しています。

setparam("P1","T0",D0);
setparam("P1","T1",D1);

各スイッチ素子に時比率を設定します。
T0, T1 はスイッチのオンオフ遷移のタイミングです。
詳細は、さまざまなPWMの設定方法 をご覧ください。

シミュレーションは Waveform 解析を用いて 1m 秒程度行ってください。 シミュレーションの結果を確認することができます。