モデルベース開発用オプションSL Palette

簡単にシステム設計環境を、高速性そのままに 

簡単にシステム設計環境を、
高速性そのままに

Simulink ®は制御モデルを、サイディームは回路モデルを担当し、
二つを協調シミュレーションすることで
システム設計環境を簡単に構築できます。
Simulink ®は制御モデルを、サイディームは回路モデルを担当し、
二つを協調シミュレーションすることで
システム設計環境を簡単に構築できます。

数々の開発工数削減実績

 
SL Paletteの前身である、SCALE_CONNECTは、複雑なパワーエレクトロニクスシステム開発において、開発工数削減を実現してきました。
なかでも、モデルを使った検査環境は、もっとも手戻りの大きくなる検査検証の工数削減に効果的です。
SL Paletteでは使いやすくなったUIで更に工数削減、学習コスト削減に貢献します。

参考記事:Coming Soon
(*)弊社受託開発における開発工数削減実績

特別な設定はほぼありません

 
Simulink®上にサイディームブロックを配置するだけで簡単にフィードバックループの設計環境を構築できます。
回路モデルの煩雑なシミュレーション設定はすべてサイディームが引き受けます。
デジタル制御ならではのサンプリング遅れや、ADコンバーター、PWMなどの量子化の検討も簡単に行うことが出来ます。

 
 

"協調"周波数特性解析

 
SL Paletteだけで、サイディームの機能を使うことによりSimulink®上のモデルも含めて協調周波数特性解析を行うことが可能です。
電圧フィードバックも電流フィードバックもデジタル制御系の周波数特性を簡単に解析しましょう。
ゲイン余裕、位相余裕も一目瞭然です。
グラフはMATLAB®で表示させることも、データから自由に編集することも可能です。

実装コードの設計環境としても

 
量子化誤差の影響を確認するSILS開発フェーズでも大いに役立ちます。
サイディーム上でADCブロックなど量子化シミュレーションを行い、Simulink®上で固定小数点演算を行う協調シミュレーションにより、システムとしての量子化の影響を瞬時に確認することができます。

 
 

試験・評価のモデルとして

 
サイディームは素子の故障、素子の非線形特性、負荷急変や電圧変動などを、Simulink®から簡単に指令することができます。
社内試験、規格試験、制御評価などさまざまな試験・評価モデルを構築することが可能です。
 
参考記事:電源MBDは試験モデルが効果的

技術仕様

SL Palette Simulinkとサイディームを接続するためのオプションです。
ご利用にはDigital Paletteが必要です。
基本情報
対応MATLAB Release R2017a,R2017b
R2018a,R2018b
R2019a,R2019b
R2020a
*対応バージョンは順次追加予定
入出力数上限 128
Simulink側のソルバ 固定ステップ
シミュレーションモード 波形解析モード
過渡解析モード
周波数特性解析
微小信号注入FRA方式
サポートページでは、チュートリアルやサンプル回路などを多数ご用意しております。
※会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
※Scideamは株式会社スマートエナジー研究所の登録商標です。